Profile
Search
管理人の口座は、

*スプレッドの狭さがポイント。チャートは別会社、注文はここでと使い分けてます。

---
ランキング
FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

Category
Archives
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Links
mobile
qrcode
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
レバレッジのかけすぎに注意! to 家を買う人へ
こんばんは。管理人のモンキー50です。


レバレッジと聞くと、このブログを読まれている皆さんだと、FXが頭に浮かぶと思いますが、

実は日本に住む殆どの方が、レバレッジを効かせた投資をしているんです。

それは、不動産投資です。

簡単に言えば、年収400万の人が、3000万の物件を買うとすると、

レバレッジが7.5倍。

あれほどレバレッジを効かせて行うのに、ためらう人が少ないのは何故なんでしょう。


現在の家賃と比べて、毎月のコストが安いという点、将来的に自分の持ち物となる点。

大体業者はこの点を押してきますが、その辺は理に叶ってます。

でも、ローンの危険性を言ってくる業者はまずいません。(営業だから当たり前ですが)


FXでは、投下資金100万で、750万(大体米ドル7.5枚)買って勝負することで、レバレッジ7.5倍です。

でも、不動産投資と、FXで大きく違うのは、投資対象の値動きです。

FXで米ドルを買った場合、最近の動きでは124円から87円までの値幅があり、大きく膨らますことも

できますが、大損もありえます。

不動産では、購入した時点で7割まで価値が下がり、その後家の老朽化につれて、

ゆっくりと不動産価値は下がり続けます。

不動産価値が上がり続けることもありますが、それは今の日本ではほんの一部の地域だけです。


もちろん、持ち家には投資対象としての意味だけでなく、そこに住むことという重要な意味もあります。

殆どの方が、住むために家を購入するのですが、不動産には資産という側面があることを忘れてはなりません。

不動産はFXのように買ったり売ったり簡単に出来ません。

しかも、周辺環境の悪化などで資産価値が下がった時は、レバレッジを効かせていますので、

急激に負債が増えます(投下資金の割合において)。

しかも資産価値が上昇することは殆どありません。


レバレッジをかけて不動産を購入するのは、不動産価格が右肩上がりを続けていた時代なら、

割に合った投資だと思います。自分の家が持てる、資産としても価値が減らない。

でも、今はそうではなくなってきています。

・・・

不動産を購入するなら、レバレッジの倍率と、それに見合う何かが欲しいものです。

いまでは、値上がりせずとも、購入した不動産が10年後にまだ見合った資産価値を保有していること 位が落としどころじゃないでしょうか。


とにかく、人生で一番大きな買い物になるので、慎重に、不動産を理解した上で決めたいものです。


それでは、また。

トレンド狙いのシンプルな手法です



↑*2月28日までカウントダウン入りました。再販はないのでご注意下さい。



にほんブログ村 為替ブログへ
ランキング参加中です。応援クリックお願いしまっす!。

posted by: monkey50 | 不動産について | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 15:41 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://fxsmartdream.jugem.jp/trackback/143
トラックバック